常盤平蔵のつぶやき

ものづくりからもの書きへの転身を目指す文章修行のブログです。

スティーブン・キングの「書くことについて」を読んだ

この手の本はすでに何冊目だろうか?ここに書いていない本も含めて数十冊は読んでいる気がする。もともとこの本は「月刊シナリオ教室」8月号のミソ帳倶楽部ダイジェストに紹介されていたので、手にとってみたのだが、久々に当たりだった。というか自分のスタ…

「ひなた弁当」を読んだ

妻が買ってきた「ひなた弁当」(山本甲士著)と言う本を読んだ。夕方読み始め、晩ご飯を挟んでしばらく読んで読み終わったので、四、五時間で読み終わることが出来ると思う。妻からさらっと読めるし、あなたは読むべきと言われたので読み始めたのだが、本当…

自動読み上げ機能の未来

iPhoneの読み上げ機能で本を読むことを始めた。他のはてなブログの方が書いておられて、興味を持ったことがきっかけだ。実際にやってみると、なかなか読書が捗る。ただし色々問題点もある。 〇良い点私の通勤時間は短い上に歩き、電車、乗り換え、電車、歩き…

「コーヒーショップライフテクノロジーズ」を読んだ

〇あらすじ知り合いから表題の小説があるが、自分は読む時間がないので読んで感想を聞かせて欲しいという連絡が来た。その小説は投稿サイトのカクヨムで公開されている小説だった。内容の紹介は実際にサイトにある要約を読んで貰った方が確かだが、私なりに…

「裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル」を読んだ

お盆前に宮澤伊織の「裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル」を読んだ。元々ネットの記事で「百合」小説として紹介されていたので、なるほど読んでみるとそういう方面の需要もあるとは思った。しかし私の興味はネットロア(ネットロア=ネット・フォー…

「ウエストワールド シーズン1」を観終わった

AmazonPrime Video で見られるHBOのドラマ「WESTWORLD」が本当に面白い。シーズン2はすでにアメリカでは放映中の様だ。観られる日が楽しみである。本当に面白い!と思えるテレビシリーズドラマは何年か前にはまった「バトルスター・ギャラクティカ」のシリ…

「AI vs.教科書が読めない子供たち」を読んだ

この本を読む前に将棋ソフト「ポナンザ」が人間に勝つまでの話を書いた本を読んだ。 人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?―――最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質 作者: 山本一成 出版社/メーカー: ダイヤモ…

「レディ・プレイヤー・ワン」を観た(+Oculus Go)

#「レディ・プレイヤー・ワン」を観たもう2週間前になるが、5月13日日曜日に、渋谷のTOHOシネマズで「レディ・プレイヤー・ワン」を観た。今回は突然思い立って観に行ったので前売り券も買わず、正規の大人料金で見た。果たしてその金額に見合う内容だった…

「人はなぜ物語を求めるのか」を読んだ。

GW中に「人はなぜ物語を求めるのか」という本を読んだ。 これまでシナリオの勉強のために結構な数を読んできたが、いわゆるナラトロジー(という言葉も今回初めて知りました)あるいは物語学のような学問分野を知りたい人にはとてもいい入門書だと思った。 人…

「リメンバー・ミー」を観た

5月6日に吉祥寺オデオンで14:05の回に「リメンバー・ミー」を観た。予約して決済した後で吹き替え版ということに気がついたが、後の祭りだった。しかも、同時上映として「アナと雪の女王・王国のクリスマス」みたいなおまけ上映があった。その結果、私の横…

「シェイプ・オブ・ウオーター」を観た

劇場と作品4月15日、吉祥寺オデオンで「シェイプオブウオーター」を観た。1日一回の上映になっており、19時15分からだったのだが、観客の入り具合はまあまあだった。日曜日の夜に劇場で映画を観るというも案外楽しいなと思った。 今年度アカデミー作品賞受賞…

杖道昇段審査について

2018年3月18日に新宿スポーツセンターで東京都剣道連盟主催の杖道5段以下昇段審査会があった。杖道の昇段審査は一年に2回、春と秋にあるのだが、技能の習熟以前に、前の昇段審査を受けて合格してからの時間が次の昇段審査を受けるための条件となっているた…

映画二本立て「グレイテスト・ショーマン」と「 スリー・ビルボード」を観た

3/4日曜日は映画を二本見た。吉祥寺オデオンで「スリー・ビルボード」を見るためにそのための時間調整として吉祥寺プラザで「グレイテスト・ショーマン」を観た。 なんとも贅沢な時間調整だが、考えてみれば私の小さい頃は、映画館は系列があり、そのロード…

「ベストセラーコード」を読んだ

なんとなくノンフィクション系の本を探すとき「HONZ」という本の書評サイトで探すことが多いのだが、そのサイトでこの「ベストセラーコード」が紹介されていた。そのことを知ったのはシナリオセンターのFacebookだったかもしれない。とにかく、最近はやりの…

大雪による被害

今も福井では大雪で車に閉じ込められている人がいるらしい。実は会社の同僚が福井に出張に行って帰れなくなっている。これはある意味遭難だ。大雪は災害なのだ。 2018年1月22日関東地方にも大雪が降った。私が住んでいる三鷹市牟礼の近所も 大雪が降ってまる…

スター・ウォーズ episode 8 「The Last JEDI」を観た

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。と言うか今年はもう少しPVが増えるといいなあ。 【映画パンフレット】 スター・ウォーズ 最後のジェダイ 限定版 キャスト デイジー・リドリー、マーク・ハミル、アダム・ドライバー、ジョ…

「ソラリス」を読んだ

「ソラリス」を読んだ ソラリス (ハヤカワ文庫SF) 作者: スタニスワフ・レム,岩郷重力,沼野充義 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2015/04/08 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (14件) を見る Eテレの番組に「100分で名著」と言うものがあって、もう…

「ブレードランナー2049」を観た

2017年11月3日に渋谷のtohoシネマズで観た。 それから既に3週間が経過しているが、未だにじわじわと感動が蘇ってくる。感動なのか、それとも今回の映画が現在の私にとって現実の写し絵のようになっていることからくるでデジャヴなのかはわからないが、生活の…

「重版出来!」を読んだ(ドラマも見た)

最近は、シナリオの勉強のためという名目で漫画も久々に買ってきて読んでいる。昔は一定の作者の新作を楽しみにして新刊の発売日が書かれた予定表を定期的にチェックしていたものだが、結婚してからは全くと言っていいぐらい漫画を買うことはなくなった。 杖…

「エイリアン コヴェナント」を観た

2017年10月8日の新宿は人でいっぱいだった。当たり前か。見る前に昼飯を食べようと東口から映画館まで歩くあいだに何かないかと探したら、なんと沖縄ソーキそばなどを食べさせる店があったので立ち寄った。ゴーヤチャーハンと沖縄そば(ハーフ)みたいなセッ…

「散歩する侵略者」を観た

土曜日、自転車で転んだ。 角を曲がろうとしたら、曲がった先にピザの宅配ボックスのようなものを荷台に備えた3輪バイクが佇んでおり、ちょいと前ブレーキをかけたらあっけなく前輪が滑った。 そこから先は後からの想像だが、まず、左手を地面についた。 (…

青い鯨

久々に総毛立つようなニュースを読んだ。ネットの記事を読んでここまで不快な感情を持つのは久しぶりなきがする。 gigazine.net この「青い鯨」を「ゲーム」と呼んでいいのかどうかはさておき、これを考え出してロシアで実行していた犯人はすでに逮捕されて…

PUBG

プレイヤー・アンノウンズ・バトルグラウンド こんな名前のゲームがある。 store.steampowered.com FPS(ファーストパーソンシューティング)、つまり一人称視点の撃ち合いゲームだ。これまでにも色々なシチュエーションのFPSはあるが、ほとんどが戦争だとか…

トムの手

TEDでJJエイブラムス監督の話を見た。大変感銘を受けた。 「E.T」は離婚の話、「ダイ・ハード」も離婚の話、というくだりはある意味アメリカ映画はすべて家族の話というとらえ方からすると、家族にとっての危機=離婚なので当たり前なのかもしれない。 その…

映画「メッセージ」を観てきた

前回観た「ゴースト・イン・ザ・シェル」が久々の空振りだったのでその欠損を埋めるべく公開直後の「メッセージ」を新宿のTOHOシネマズで観てきた。 公開前に「謎の物体」がばかうけと言うスナック菓子に見えるという評判が日本で広がりそれに反応した映画の…

牛をディスる女たち(武蔵境駅近辺のラーメン屋探訪4)

まずこの「ディスる」と言う言葉はご存じだろうか? 私も、なんとなく悪口を言うとかネガティブなことを言うと言うような意味だろうなと思ってはいたのだが、正確な意味を知らなかったので調べてみた。 元々アメリカのラッパーが使っていた言葉らしい。英語…

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」を観て思ったこと

私の好きな映画監督押井守が撮った不朽の名作「攻殻機動隊」のリメイク権をあのスピルバーグが買って、作らせたのが本作「ゴースト・イン・ザ・シェル」なのだが、公開前には沢山話題を聞いたが、公開後にパタッと話を聞かなくなってしまった。 私も前売り券…

グレープフルーツの剥き方について

私がまだ中学生ぐらいのころは、グレープフルーツは半分に切って、スプーンでほじくって食べるものだった。そして今より全然甘くなかったので、店頭ではヨーグルトにかけるような顆粒の砂糖がついていた記憶がある。多分サンキストとかそういう商社がが販売…

健康診断の結果

健康診断の結果を皆さんはどのぐらい真剣に受け止めているだろうか? 最近書店で以下の本を見つけたので買ってみた。 健康診断は受けてはいけない (文春新書) 作者: 近藤誠 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/02/17 メディア: 単行本 この商品を含むブ…

小さな旅と大きな旅

昨日は群馬県の沼田に泊まった。止まった宿は「ホテル・ベラヴィータ」で、こちらに仕事に来るようになって、最初に紹介されたホテルなのですでに3回は泊まっている。別に宣伝してもしょうがないのだが、ベッドがふかふかで寝心地が大変よかった。仕事で来…