常盤平蔵のつぶやき

ものづくりからもの書きへの転身を目指す文章修行のブログです。

明日は「文学フリマ東京31」です

 

〇一年ぶりの開催
文学フリマには29から参加している。初めての参加ではKindleストアでのみ売っていた拙著「家電OEMの会社で働くあなたのための参考書」をリアル本にして販売した。それに味を占めて、表参道にあるシナリオセンターのクラスメイト達を誘ってシナリオアンソロジー本を作ろうと持ちかけた。沢山の方に賛同いただき、文学フリマ29では「創作シナリオ集1再会」を制作し、販売することが出来た。私はその時ちょうど杖道の大会と重なってしまい、言い出しっぺにもかかわらず、会場での販売には全くタッチできなかった。これがちょうど一年前の11月である。そして、第二号の原稿を集めて印刷所に入稿する直前ぐらいで中止の決定がなされたと思う。それでもとりあえず原稿も出来たし本だけは作ろうと言うことになった。そして今回である。そもそも参加するかどうかで団の中で意見の不一致があった。参加申し込みの締め切りは8月だったのでPCR検査の陽性者がピークを迎えていた頃だった。団員の総意として多数決で不参加が決まった。しかし、私としてはちょっと思うところがあったので、あえて個人の「常盤会」としての参加申し込みをしておいた。その目論見とは、秋頃になれば正直落ち着くだろうと言うものだったが、残念ながらその目論見は外れたと言わざるを得ない。

bunfree.net

〇一日の陽性者数500越えの中で
蓋を開けてみると、ここ数日の陽性者数は500人を超えており、8月時点でのその数よりも多いという誠に残念な結果である。だが、しかしである。文フリの実行組織は開催を断行してくれたようだ。HPの案内を読むとわかるが、今回の開催は様々な対策を行っているようである。接触をへらすために紙のカタログを配布しないというのは、事前に知っていたが入場者の検温や手指の消毒を行って、さらにアプリ「COCOA」のインストールされているスマホを持っていることを確認した上で、それらの作業が完了した入場者にはラベルを配布するようだ。面白いのはそのラベルの色が一時間毎に変わるんだそうである。それによって時間当たりの入場者数を把握するとともに、接触機会をコントロールするそうである。
会場ではカレーライスやコーヒーの販売があったが、それらももしかしたらないかも知れない。初めて参加したときからターリー屋のカレーは楽しみの一つであったが、今回は食べられないかも知れない。しかし、それよりも文学フリマが開催されることの方が重要だ。

www.thali-ya.com

〇Vol.3のテーマは「あと一日で消える…」
創作シナリオ集もついに3号である。今回のテーマは「あと一日で消える…」だ。各人それぞれが「何か」をあと一日で消えるものに設定し、それにまつわるドラマを描いている。収録作品(と作者)を以下に示す。

収録作品

ハーメルンの笛吹き」 MIKU
「カレー禁止緊急宣言」 マリンローズマリー
「砂嵐のあとで」 春雨ハル子
「いつかの朝に」 しらくもあおい
「辞める日に」 常盤平蔵
「名がある理由」 和田康友
「僕と僕らの軌跡」 朱雅夕季
「体感速度で考えれば、僕の人生はたぶん終わりのほうだ」 時計トキ魚
「天国と地獄の間(はざま)にて」 相田ヨネ
「ひとかけらのマジカル」 冬家弓彦
「マゼランの卵」 有崎努
「スライ@ハンドVol.3」 林田知
コマンダー」 葉山一
「ホームのふたり」 見咲花矢子
「なでしこ結婚相談所」 サミュエル・L・シュウイチ
「本日、最終日」 山田実樹

このうち、「天国と地獄の間(はざま)で」と「スライ@ハンドVol.3」 はVol.1、2に載っていた作品の続きである。もし前作を読んでいて続きが気になっておられる方はこの機会にぜひ続編を入手してみてはいかがだろうか。
小生もVol.1から続けて参加しており、今回も作品を掲載させていただいている。正直今回は正にシナリオセンターの研修科課題「刑事」で書いたものをほぼそのまま載せている。自分としては思い入れのある「舞台」を使って書いたのもので、それなりに手応えを感じたものである。

f:id:tokiwa-heizo:20201121213616p:plain

〇Vol.4は?今後の活動は?
きっとVol.4もやるとは思う。しかし、次回の文フリが今回のように開催できるかどうかは恐らく明日の結果にかかっていると思うし、開催されなかったら次回こそ本を作るかどうかも怪しいかもしれない。
もし、明日の会場で新たなクラスターが発生した場合は、来春の32は難しくなるだろう。ワクチンなどが実用化されて、COVID-19自体の被害が社会に織り込み済みになれば話は別だが、その可能性もあと半年ではかなり低いようだ。
本当にいつもこのコロナ禍について考えるたびに、SFかなにかの設定を読んでいるような気分になる。しかし、確かに今は私が小さい頃にはSFの中にしかなかった21世紀であり、そんなSFのような現実を生きているんだと言うことを思い出させてくれる。Future is Nowだ。

「Ghost of Tsushima」をやった

f:id:tokiwa-heizo:20201116231723j:image

〇今週末は文学フリマ東京31
今日もまずは告知を。今週末は「文学フリマ東京31」が東京流通センターで開催されます。私も参加しているOMS脚本団の創作シナリオ集がついにVol.3になりました。今回は数は少ないですがバックナンバーもそろう予定です。そもそもVol.2を販売する予定だった文学フリマ東京30は中止になったので、実質新刊二冊ということになります。

bunfree.net

対馬観光ゲーム?
「Ghost of Tsushima」は実際は奄美大島に行く前にクリアしていたのだが、なかなか感想を書けずにいた。既に世間の評価も十分固まってきているので今更でもあるのだが、結論から言うと大変面白く遊びごたえのあるゲームだった。更に私がクリアするのを見計らったように、ネットで協力プレーが出来る冥人綺譚(クロウドキタン)モードが無料でアドオンされ、今もたまにネット協力プレーを楽しんでいる。
いささか強調しすぎな日本的美意識のあふれるTsushimaを馬に跨がって駆け回るのは本当に楽しく、コロナ禍の自粛、引き籠もり的状況の中で、架空の空間とは言え走り回ることが出来るのは大変慰みになった。所々にある神社クエストをクリアすると、その高みからの絶景にしばしの間清々とした気分になれる。その感じは先日の奄美大島の明神岬展望台やあやまる岬で味わったのと同じような爽快感をもたらしてくれていた。……と言っても本物にはかなわないが。

 

 

【PS4】Ghost of Tsushima (ゴースト オブ ツシマ)

【PS4】Ghost of Tsushima (ゴースト オブ ツシマ)

  • 発売日: 2020/07/17
  • メディア: Video Game
 

 

 

〇ゲーム画面の死角とハードボイルドモンゴル帝国
先日「世界の辺境とハードボイルド室町時代」というタイトルからして冗談か、あるいはあれのパロディか?と思ってしまうような本を読んだが、内容はすこぶる面白かった。その本の中でその当時の馬というのは現代で言えば高級外車のようなもので、それに乗って戦うなどあり得ないと言うようなことが書いてあった。このゲームの中ではボタン一つでどこからでも飛んできてくれるUberのような愛馬を持つことが出来る。余談だが、この馬が何処でも呼べるシステムは「Metal Gear Solid V Phantom Pain」で初めて経験したが、ボタンを押した時点で画面上の死角から突然現れるのでゲーム的嘘を上手く使ったシステムと感心していたのだが、このゲームでも同じで遠くにいる馬を画面内にと留めていると、嘘をつけないのでそこから走ってくるが、画面の外にすると一瞬で背後から現れるのである。

 

 

 

 ↓続編の本も読みました。

 

 

〇一騎打ち
それ以外にも、外のオープンワールドのゲームと違うものとして、マップ上の敵と出会ったときに「一騎打ちシステム」というものがあり、正々堂々と名乗りを上げて戦いを挑むことが出来るのである。それを選ぶと□ボタンを長押しして、相手が斬りかかってくるタイミングを読んではなす。うまく行けばコンボになり連続して2人、3人と切り伏せることが出来る。しかし、外すと中途半端な攻撃になり、ダメージを受けるというもので、これが私にはなかなか難しく、特に浪人とやると半分ぐらい失敗する。しかし、成功すると「気合い」が貯まり、これがあると後々の戦いが楽になるため、ついつい一騎打ちを挑んでしまうことになる。

 

一騎討ち

一騎討ち

  • 発売日: 2015/03/25
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

〇稲荷神社
また、先ほどの絶景の神社だけでなく、小さな祠の稲荷神社が無数にあり、狐を見つけると案内してくれる。これもまた、普通にマップをうろうろしているだけではなかなか出会わない場所にあるので、ついつい見つけたら狐の案内について行ってしまうのだ。
さらには「和歌を詠む」ことではちまきが貰えるのだが、その和歌を詠むシステムは、五七五を画面上からランダムに選んでもそれなりに様になるのが素晴らしい。恐らく昔の人はこのような和歌のストックフレーズを沢山持っていたのだろう。歌会などでバンバン詠めるのはこういう風にどうつないでもなんとか歌になる材料を沢山持っていたからなのだろうと思った。

 

稲荷大神 (イチから知りたい日本の神さま)

稲荷大神 (イチから知りたい日本の神さま)

  • 発売日: 2009/12/01
  • メディア: 単行本
 

 

〇温泉
このゲーム内のTsushimaには所々に温泉もあり、そこに入ると体力の最大値が少しだけ上昇する。ここでも、温泉に浸かったときに「思うこと」を選ぶシステムがあり、自分の考えたいことを選択肢から選ぶのだ。そうすると坂井仁が心の中でその事に関してつぶやくのである。これがなんとなく温泉に入ったような感覚をもたらす。恐らく我々も温泉に入ると「ふう〜」「はあ〜」とかいいながら頭を空っぽにすると何かしらぼんやりと考えが浮かんでくる。その状態を再現しているのではないかと思う。よくできたシステムだ。

 

CREA Due 完全保存版 楽しいひとり温泉。

CREA Due 完全保存版 楽しいひとり温泉。

  • 作者:文藝春秋
  • 発売日: 2020/09/24
  • メディア: ムック
 

 

〇ナビゲーション
よくできたシステムと言えば、このゲームで目的地示す方法が本当に優れていて、それが「風によるナビ」と「煙によるナビ」である。コントローラーのとラックパッドをなぜると、画面上に風が吹く。その風の向く方向に目的地があるのである。風の吹くまま気の向くままに馬を進めれば、自然と目的地に着くシステムだ。やはり時代劇なのでいちいちマップを開けて光点を探すなんて味気ないことはしたくない。さらに空を見れば白い煙が上がっている。その煙のもとにはイベントが起きているというのも素晴らしい知らせ方だと思う。

 

 

 

〇スモールアイランド
大戦略」というゲームの一番最初のマップが「スモールアイランド」だったと思う。現実のイメージから対馬というのは「小さい島」だと思っていたのだが、ストーリーが進むにつれてどんどん広い島になっていく感覚が面白い。先日行った奄美大島も南北に長い「小さい島」だと思っていが、実際レンタカーを走らせて意外な広さを感じ、なんとなくこのゲームを思い出してしまった。現地のエコツーリズムガイドの方が奄美大島は「沖縄を一回り小さくした大きさ」と言っていた。でも、このぐらいのサイズならもし徒歩や馬だったらこのゲームぐらいのスケール感を感じるのではないかと思った。PS5の抽選には全て外れたので、しばらくはこの島で遊ぼうと思っている。

 

大戦略VII [ダウンロード]

大戦略VII [ダウンロード]

  • 発売日: 2014/04/21
  • メディア: Software Download
 

 

〇最後にまた告知
ブースはケ-30です。今回は創作シナリオ集1から最新3のまで全てそろって販売できそうなのでご興味のある方は是非会場でお会いしましょう。ただし1は残数わずかです。2と3は実質新刊なのでたくさんあります。浜松町からモノレールで流通センター駅です。

奄美大島に行ってきました

f:id:tokiwa-heizo:20201114225921j:image
〇本題に入る前に告知
11月22日は「文学フリマ東京31」だ。東京での開催はちょうど一年ぶりとなる。今年の頭から始まった未曾有のコロナ禍によって、ゴールデンウィーク最終日に開催予定だった「文学フリマ東京30」は中止になった。実際には今年の春より最近の方が、一日の感染者数が多い。しかしながらいわゆる「緊急事態宣言」は出ていない。その当時とは首相も替わって今となっては8年間一日に一度は見ていた(であろう)安倍首相の顔を全く今の今まで忘れていた。そういえばいろいろ暴かねばならない疑惑などがあった気がするが、そんな昔のことはどうでもいいとばかりに、日々暮らすことだけに追い立てられている気もする。それは海の向こうのアメリカでも同じようなことが起こっていて、この4年間毎日一度は見ていたトランプ大統領の顔を全然見なくなったのではないだろうか。今回バイデンが勝てたのも、恐らくコロナ禍のせいだろう。このまま何事もなく11月22日に東京流通センターで開催できるよう祈るだけだ。

bunfree.net

f:id:tokiwa-heizo:20201114230113j:image

〇GoToキャンペーン利用
奄美大島に行ってきた。もちろん件のキャンペーンを利用してである。確かに実際の旅費は旅先でのクーポン利用も合わせてほぼ半額近い。こんなにお得に行けるのであれば使わない手はないと思う。しかし、そこには感染拡大「しない・させない」と言うことが前提なのでマスクとアルコールスプレーを常に携帯していなければならないのは当然として、それより大事なのはやはり一緒に同じ乗り物や場所にいる人間同士が険悪なムードにならないことだと思う。それは都会では大変難しいことだが、
地方ではそうでもないということが、今回の旅の一番の収穫と言えるかも知れない。ニュースでは、街角でマスクを着ける着けないでもめた相手に催涙スプレーをかけたという事件も起きていたようだが、空港、機内、そして旅先でもそんな場面を見ることはなかったし、自分たちも常にマスク消毒を怠ることはなく、周りにそのような気分を味あわせてはいなかったと思う。
GoToキャンペーンが理由の一つとしてではなぜ、奄美大島にいったのか?それはカミさんが行きたいと言ったからと言うのが大変大きいのだが、私としてもまさに「名前がよく知っているが、実際に行ったという人はあまり聞いたことがない」島だからというのも大きかった。そもそも、何処にある島なのか?それを知るために地図を見ることから始めた。以下の本も買った。

 

02 地球の歩き方JAPAN 島旅 奄美大島(奄美群島1) (地球の歩き方JAPAN島旅)

02 地球の歩き方JAPAN 島旅 奄美大島(奄美群島1) (地球の歩き方JAPAN島旅)

  • 発売日: 2017/12/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

しかし、奄美大島に行きたいと思う一番の理由になったのはYouTubeで見た映像である。


ドローンがみた奄美大島Ⅲ - あまみカメラ4周年記念ムービー(ドローン空撮 4K)

 

〇一日目
吉祥寺駅から高速バスに乗って羽田空港に向かった。仕事ではしょっちゅう乗っていたが、プライベートで乗ることはほとんどないバスであるが、混み具合もコロナ前とあまり変わらないように思った。車内では感染症対策のアナウンスが流れていたが、乗客も全てマスクを装着しており、激しく咳き込むような人もいないようだった。余談だが、少し前に吉祥寺駅の本屋の前でしゃがんで激しく咳き込みながらスマホをいじっておられる方がおられたので、早々にその場を立ち去ったがすぐ横のカフェでは普通にコーヒーなどを飲んでおられる方々がおり少々心配になった。
空港について、早速チェックインを済まそうと思いカウンターへ向かった。ここでも感染症対策のためなのか人件費節約のためなのかわからないが、すでに機械によるチェックイン、手荷物預かりのラベル印刷など、全く人と対面せずにチェックインと手荷物預けを済ませることが出来た。コロナ前の中国出張時に中国の航空会社に成田から乗るときも、チェックインと手荷物ラベルを印刷するまでは機械で出来るのだが、肝心の手荷物を預けるところがカウンターであり、そこに長蛇の列が出来ていたので辟易としたおぼえがあるが、今回利用した準国営航空会社は荷物を預けるところも自動でラベルを読み取ってコンベアーが運び去っていったので素晴らしいと思った。
機材はBoeing737-800だったと思う。国際線と違ってヘッドレストの後ろにモニターなどはないが、座席の広さは割とゆったりしている気がした。定刻になり、滑走路に出るときにいつもの「乗務員はレバーをアームドにセットして下さい」というアナウンスが流れたが、いつも思うのだがこの「アームド」って何のことなのだろうか? ……とそんなことを考えていると飛行機が加速して離陸したのだが、ぐんぐん上昇してとおくなっていく窓の外の東京湾を見ながら不思議な感覚に襲われた。怖いのである。別に偉そうに言うことでも無いが、コロナの前は月に二度ぐらいは飛行機に乗っていた様な気がするが、今年の初めから全く乗っていなかった。機材も国際便とは違うとは言え飛び立って上昇していく間、何とも言えない緊張感を感じた。その後も何事もなく上昇していき安定飛行に移ってシートベルト着用のサインが消え、飲み物が配られてそれを飲み終わって一息ついたときにはすっかり忘れて眠りに落ちていた。
次に気がつくと既に機体は降下を始めており、窓の外に島影が見えていた。久々に見る南の海は本当に深いブルーでこれを見ただけでも来た甲斐があったと思った。少々荒っぽい着陸ではあったが、無事に奄美大島空港に着陸して手荷物を回収し、レンタカー屋へ向かう。借りた車両は軽で日産のデイズ(旧型)だったが、走り始めてしばらくして全然快適だなと思った。いつも仕事では普通車を借りているが今の軽はほとんど遜色ないと思った。今日の日程は島の北部にある空港から宿のある名瀬港までいくだけなので、途中適当なところに寄りながら走った。走り出してすぐに神明岬展望台が有ったので、まずは南の島の海と空が見たいと思い展望台までの道を上ってみた。途中木が倒れて道を塞いでいたが、それを乗り越えて展望台まで行くと視界が全て海と空になるという希望通りの景色と出会うことが出来た。眺望に満足して来た道を戻り出すと、背後にヘリの四機編隊が飛び去った。自衛隊の基地でもあったのだろうか?
ホテルは島の中央北部の名瀬という港町にあったのだが、少し時間が合ったのでそのちょっと先の大浜海浜公園大浜ビーチへ夕日を観に行った。東シナ海に沈む夕日が寄せる波を光らせていて本当にラッセンの絵のようだった。

 

〇二日目
二日目の午前中は予定が決まっていた。10年ぶりのダイビングである。朝8時半にダイビングショップ「ネイティブシー」に集合だったのだが、出発に手間取った上に方向感覚がおかしく、ナビとは逆の方向に走り始めてしまったりして、結局20分ぐらい遅刻してしまった。我々の担当の京都出身のインストラクターの方には特別怒られたりはしなかったが、内心はどう思っていたのかはわからない。しかし、非常に親切に説明してもらって30分後には10年ぶりにボンベを背負って海に潜ることが出来た。最初のビーチはあまり透明度が高くないところではあったが、水の中を潜っていられることが楽しく、魚もいろいろな種類のものをインストラクター方が手書きボードで説明してくれるので楽しく一本目を終えることが出来た。一旦ショップに戻った後、二本目はちょっと車で走ったところへ行った。そこではウミガメを沢山(と言っても全部で4匹ぐらいだったと思う)見ることが出来て本当にうれしかった。もしかしたらこれで人生最後のダイブかもしれないが、ウミガメが何かを食べてるところや、海底で休んでいるところ、息継ぎに浮上するところなどをつぶさに観察することが出来た。

amami-diving.com


午後は近くのレストランでランチを食べてから奄美市歴史民俗資料館へ行った。私は出切る限り旅行へ行ったら、その土地の歴史などを知りたいと思うので、博物館や民俗資料館へ寄るようにしている。中国深圳でも行ったし、ベトナムハノイでも行った。インドネシアでも行ったと思う。正直外国だと日本語の表示や説明はないので、英語頼みになりかなり心許ないが、でも展示物自身が持っているリアリティーは感じ取ることが出来る。今回行った資料館で心に残ったのは若い女性と赤ん坊の骨格標本だった。展示には歴史的資料として展示はしているが、ご遺体でもあるので見学する方は一礼し手を合わせるようにと書いてあった。若い女性とその出産直後らしい赤子がどのような理由で死んだのだろうと想像しながら数万年前からこの地にいた人たちのことを考えた。

www.city.amami.lg.jp

その後、その資料館からほど近いあやまる岬へ向かった。駐車場のある丘の上には最近整備されたとおぼしきこぎれいなカフェがあり、視界いっぱいの空と海を見ながらコーヒーを飲んだ。コーヒーも美味しかったが、こんな場所でコーヒーを飲めることが素晴らしいと思った。東京のカフェで飲むコーヒーも美味しい。雑然とした店内の狭いシートに身をちぢこませて飲むコーヒーも悪くない。しかし、こんな景色を見ながら毎日コーヒーが飲めたら幸せだろうなとおもった。日が落ちるまで海辺で過ごし、またホテルに戻ることにした。

mishoran.com


途中ビッグツーというショッピングセンターによった。倉庫のような大きな建物の中に食料品から衣料、リビング用品なども売っているジョイフル本田のような店だったが、ホントに南国の百貨店でありなんでもあると言う印象だった。むしろ普通以上に物が揃ってるきがする。釣具が特に充実していたので、この島の釣りというのも楽しいのだろうと想像できた。これらは全てどのように流通してくるのだろうか?鹿児島から船で運ばれてくるのだろうか。お土産ものコーナーも大変充実しており、なんと5500円以上買うと送料無料になる。ただし酒は除外!なので要注意だ。

www.big2.co.jp


〇三日目
この日は帰る日ではあるが、飛行機は三時の便である。それまで有効に時間を使うことにした。カミさんがどこかで(空港?)手に入れていたチラシに「金作原原生林トレッキングとエコツーリズムツアー」が三時間で九時からだったので申し込んだ。ガイドさんは真面目な感じの方で、どこかで見た人に似てると思ったが、毎朝京王線の車内ビデオで流れているFC東京のU20チームのコーチだった。しかし、この方のガイドは素晴らしく、森に着くまでの普通の田舎道やただのトレッキングルートが博物館に変わる用に感じたほどだった。金作原原生林は、レンタカーの車内に「林道や金作原原生林には入らないで下さい」と書いてあったので、何だろうと気になっていたのだがたしかに、未舗装の林道である程度奥まで入ると20メートルを超えるシダ類の森を見ることが出来てジュラシックパークを思い出した。ある程度奥まで入って引き返してくる当たりで面白い話を聞いた。20年ぐらい前にハブを駆除する目的でマングースを数十匹放ったそうである。結果としてハブは全く駆除されず、代わりに有名なアマミクロウサギや、その他の小動物がマングースにやられて駆除されかかったそうである。そもそもマングースは昼行性であり、ハブは夜行性のためまったく出会うことがないためにそもそも戦うことがなかったのだそうだ。確かに自分の子供の頃「コブラマングース」という見世物があった気がするが、恐らくその発想でやってしまったのだろう。その後地元の人たちの正に20年間地道な活動(罠を仕掛けてマングースを捕らえて処分する)を続けることによってようやく最近罠にはかからなくなったそうである。もう数年続けて捕まらなければ絶滅宣言が出るだろうとのことだった。マングースもいい迷惑だったと思うが、そもそもハブに噛まれて死ぬ人もここ10年で数人とのことだった。
ここで私もはたと思い当たったのである。初日に登った展望台にしても、二日目にちょっと寄り道した夜の浜辺にも人を見なかった。しかし、道には車が走っており普通に生活しているように見えたが、夜畑や山にはハブが出るので誰も行かないのであった。奄美大島の自然はハブに守られていたので、アマミクロウサギのような希少種が生き残っていたのだという。昨日見た親子ももしかしたらハブに噛まれて死んだのかも知れない。

amamism.com

一緒にツアーに参加していた鹿児島から来た親子三人のうちのお母さんが、このあとは田中一村美術館に行くと言っていたので、我々も行くことにした。正直三時の飛行機で金作原原生林から空港までは40分ぐらいかかるので、実はほとんど時間がないことはわかっていたが、それでも来た以上は見ておかなければと車を走らせた。
美術家はかなり立派な建物であったが、じっくり見ている暇もなく急いで展示室にむかった。何でも田中一村と言う画家は東山魁夷と同じ世代の人だと言うことだが、画壇から離れて奄美大島で一人コツコツと絵を描き続けてひっそりとなくなった方だそうである。その生き方にはとても関心があったので、是非作品を見ておきたいと思った。かなり急いで見たというのもあるが、描いても誰にも見せることもなく、次の作品に取りかかり、最後は夕食の準備中に心不全で亡くなられた人の作品と思うとなんとなく心がざわつくものがあったが、それ何なのかはよくわからなかった。

amamipark.com

そこから急いで空港に向かいレンタカーを返して、チェックインと手荷物預けをすませて保安検査を受ける前に、空港内にあったジョイフル(九州ローカルのファミレス)でチキン南蛮弁当を買って飛行機に乗り込んだ。カミさんと二人で飛行機の狭いシートでとても立派なチキン南蛮弁当(味噌汁付き)を食べて一眠りしたらもう羽田であった。
翌日は丸一日寝込んだ。寝ながら羽田空港から乗った高速バスの窓から見えた風景を思い出した。コンクリートで固められたビルや高架の道路の風景とあやまる岬のそれを比較した。更に資料館で見た骨格標本を思い出し、人間の到達点というものを考えた。

f:id:tokiwa-heizo:20201114230056j:image

〇文フリのブース
ケ-30です。今回は創作シナリオ集1から最新刊の3のまで全てそろって販売できそうなのでご興味のある方は是非会場でお会いしましょう。浜松町からモノレールで流通センター駅です。

「コブラ会」Season1を観た

f:id:tokiwa-heizo:20200913234643j:image

〇言い訳してもしょうがないのだけれど
最近ブログの更新が滞っている。その理由は色々あるが、単純に無線関係の本を読んだり機械の使い方を習得したりという時間の方が増えた結果、文章を書く時間が減っているからである。しかし、それでも書きたいと思うネタだけは貯まっていくのでなんとももどかしいのだが、ちょっと久々にこれはどうしても書いておかなければならないと思うことがあったので書いてみる。なんについてかというと、タイトルにもある通り、Netflixで観たドラマ「コブラ会」についてである。

 

www.netflix.com

 

〇80年代の映画「ベスト・キッド」のその後
たまたまNetflixをテレビのリモコンボタンで立ち上げて、何か面白そうなものはないかと思ってサムネイルを見ていると「コブラ会」という文字が目にとまった。最近流行の芸人かなんかがやってるリアリティ番組みたいなもの(それにしてもコブラって……?スタローンの映画か?)かなとおもって、説明文を読んでみると何やら記憶に引っかかるものがある。あれ?これってもしかして……と思ってるうちに再生を始めてしまうのがNetflixのずるいところである。さえない初老の白人男性がうだつの上がらない毎日を送っている描写が続く。え、もしかしてこの人が……?と思って観ているうちにそれが本当にそうだとわかる。映画「ベスト・キッド」の一作目でラルフ・マッチオに謎の顔面蹴りを食らって負けた「彼」の現在の姿なのだ。彼の所属していたKARATE(あえて漢字で空手とは書かない)チームの名前が「コブラ会」だったのである。

 

 

ベスト・キッド (字幕版)

ベスト・キッド (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

〇「ベスト・キッド」と言う映画の立ち位置
私が高校生の頃に同級生が自宅で親父の車を洗っていて筋肉痛になったと話していたので、そいつの父親はさぞかしでかい車に乗っているのだろうと思ったが、よくよく聞いてみると違うようだった。窓ガラスを拭いたりボディのワックス掛けをやるときに「ベスト・キッド」の真似をしてやってたからだと言うのである。ベスト・キッド?なにそれ?と言う話になってそれが映画だと言うことがわかった。その後テレビで何度も放送されて私も恐らく二作目までは見たと思う。三作目がどんな話だったかはよく覚えていないが、そもそもこの映画のストーリーは、その当時はやっていたジャッキー・チェンのモンキーシリーズやスタローンのロッキーシリーズを換骨奪胎して出来ていると言っても間違いではないだろう。そういう意味では、ジャッキー・チェンとウイル・スミスの息子によってリメイクされた「ベスト・キッド」の方がしっくりくる。だが、しかし、である。

 

ベスト・キッド (吹替版)

ベスト・キッド (吹替版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

〇ファンタジーKARATE
コブラ会」を見て思ったが、この映画に出てくる武術は日本、沖縄に古来から伝わる武術の空手ではなく、アメリカ人が考えるいわばファンタジーの「KARATE」である。実はオリジナルの映画でもそうだったのだが、そのことによってクエンティン・タランティーノが作ったヤクザ映画である「キル・ビル」のような不思議な世界観を形成している。その事を前提にベスト・キッドワールドを見ないと、何とも中途半端に見えてしまい楽しめないと思う。もしこれから「コブラ会」を観るのであれば、その事を頭の片隅において見た方がいいと思う。

 

 

〇Kobura Kaiとスターウォーズ新三部作
東西冷戦が続いていた80年代は、世の中は単純だった。西側にとって東側は悪であり、非道な手を使って我々を脅かしてくる。それを倒すことはどんな形であれ正義である……というようなことを盲信出来た時代である。しかし、考えてみればあの一作目で「不死鳥キック」で負けた少年にも人生があり、その後も生きて行かなくてはならない。この作品の制作者の中に一作目で主人公を演じた当のラルフ・マッチオが入っているのも、大変興味深い。
これは勝手な想像だが、やはりスターウオーズでルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミルも、その後もずーっとルークを背負って生きて行かざるを得なかったようである。ハリウッド版「強植装甲ガイバー」にちょっと出ていたぐらいでそれ以外の映画への出演を知らないし、俳優としての屈折も相当あったと思う。恐らく今回の新三部作でルークにキチンと映画の中で引導を渡すことが出来て、一番ほっとしているのはマーク・ハミルなのではないだろうか。それと同じようにラルフ・マッチオもあの映画の中での勝利者としての姿がその後の人生にずーっとのしかかっていたのではないかと思う。すでにパット森田は他界しておりこの世にいないが、「コブラ会」のなかで、まさにオビワンやヨーダのようにダニエルに語りかける(回想)シーンがある。

 

 

〇Strike First, No Mercy
コブラ会」のKARATEの教えは「先制攻撃と非情」である。映画一作目が作られた時代においては、そのような行動原理で攻めてくるのは東側陣営であると教えられていた。しかし冷戦中からその終結、その後を通してアメリカが世界中で行ってきたことは、むしろアメリカおよび西側陣営こそこの教えに従って行動していたと思う方が自然である。その結果が9.11を招き、さらには現大統領のアメリカ第一主義にも繋がっている様に見えてならない。あの勝利から34年後のダニエルは森田の言葉「バランスが大事」と言うことをもう一度噛みしめるのである。どのような流れでそのような境地に至るのか?そして再び「宮城流KARATE」と「コブラ会KARATE」の対決の結末は?(ここまでがSeason1)Season2(まだ観てません)ではどうなるのか?じっくり楽しみたいと思う。

 

本部朝基と琉球カラテ

本部朝基と琉球カラテ

  • 作者:岩井 虎伯
  • 発売日: 2000/08/01
  • メディア: 単行本
 

 

文フリがなくなったのでネット通販します(かなり時間差あり)

f:id:tokiwa-heizo:20200824184538j:image

〇前回お伝えした件
アマチュア無線三級は無事に合格することが出来た。合格率95%以上なので落ちる方が難しいという講習会&試験だったのだが、やはり合格通知が来るまではちょっとそわそわした。その後開局に向けて活動を継続しているが、この件はまた別の日にまとめて書こうと思っている。

〇初の試み
2020年のゴールデンウィーク最終日に東京流通センターで行われるはずだった「文学フリマ東京30」は中止になった。もしかしたら別の世界線では行われたかも知れないが、シュタインズゲートを超える方法がないので、それを知ることは不可能だ。それでも、本だけは一応作られたのでこれをネット通販で売ることにした。
売る先は「Booth」である。以前に「ADBキーボードアダプター」を買った(結局二個買って会社と自宅でADBキーボードを使用しているが、作者の方には本当に感謝しています。)際にその存在を知り、いつか自分もここで売ってみたいと思っていたので今回ここを利用させてもらうことにした。

〇サークルとしての口座
店を開くためには、売り上げの振込先となる銀行口座が必要である。一応自分が所属する「OMS脚本団」としての販売活動になるので、自分の銀行口座を使うわけにはいかない。そこでいろいろ調べてみたが、サークル名だけで口座が作れるのはゆうちょ銀行だけだった。ゆうちょ銀行はその他の銀行と比べていろいろと不便な点がある。(※個人の感想です)
どっちみち屋号「OMS脚本団」の後に本名を晒さなければならないのは結局ゆうちょ銀行以外の全ての銀行と言うことになるので、どこを選んでも同じようだ。そうであるならば、手続きが一番簡単なところがいいなと思って探していたら、ジャパンネット銀行は個人口座と別に営業性個人口座というのをもてることがわかった。申し込みに必要な書類もその他の銀行と同じだが、ネットと郵便だけで完結できると言うことがわかったので、ジャパンネット銀行にすることにした。

〇販売しているサイトなどのリンク
無事に口座開設も出来て販売開始してますので、是非一度サイトのほうを見てやってください。よろしくお願いします。

 

oms-kyakuhondan.booth.pm

「第三級アマチュア無線技士」の試験を受けます

f:id:tokiwa-heizo:20200711164648j:image

〇またしても後ろ向きの興味
後ろ向きの興味が止まらない。昔取得した「第四級アマチュア無線技師」の上位の資格である「第三級アマチュア無線技師」の資格を取ることにした。理由は・・・実は自分でもよくわからない。なぜわからないのか?そこの部分を書いてみたいと思う。

 

〇30年前
私が「第四級アマチュア無線技師」の資格を取ったのは、免許証を見ると平成二年となっており、なんと今から30年以上前である。今年はちょうど令和二年なので語呂もいいと一人勝手な納得をしていたが、なんと言っても30年経っているのでかつて勉強した内容はほとんど忘れている。三級はあくまで四級を持っている人を前提にした資格であるので、四級のことを全く忘れていると試験を受けるとき困りそうである。なので、合わせて四級の勉強もするつもりで参考図書を探した結果、やはり30年前にもお世話になった「完全丸暗記」シリーズが今も販売されており、なおかつ、当時から文庫本サイズなのも変わらずだったが、昔は四級と三級は別の本だったと思う。今は何と二つが合本になっており、三級と四級が一冊で手に入ったので大変都合が良かった。

 

初級アマチュア無線予想問題集2020年版: 完全丸暗記
 

 

 

◯(再)開局申請
既に四級はあるし、当時使っていた無線機(STANDARDのC520)もあるので、再開局はすぐ出来ると思っていた。ところがやはりそこには30年という時の隔たりがあった。申請そのものはオンラインでできるようになっており、最近の特別給付金申請のように、オンラインで出来ると言っておきながら、中の人が手作業というお粗末ではないようだと思ったのが甘かった。なんと最初のユーザー登録は確認のハガキが返送されて来るのを待たなければならないのである。さすが総務省、我田引水を忘れない。
登録IDとパスワードの書いてあるハガキはすぐ届いたので、早速サイトから登録と再開局申請をしようと思ったら、その内容が良く理解できなかった。もちろん30年前もろくに勉強せず、丸暗記だけで試験を乗り切った上に、その後も全く運用せずに来たのだから、わからないのは当然のこととは思ったので、逆に30年前はなかったインターネットという広大な知識の海に出ることにした。

www.denpa.soumu.go.jp

 

〇浦島太郎
そこでいろいろ調べてみて30年前と大きく変わったことがいくつかあることがわかったのだが、その中でも「新スプリアス対応」というものがあり、現在はアマチュア無線の無線機も技適を受けていないと、使用登録できないと言うことがわかった。要するに30年前の機種は既に死んでいたのである。
実は数年前に、30年保持してきた無線機(C520)も放っておくと電解コンデンサーの劣化で液漏れして完全に使えなくなると言う記事をどこかで読んで、その時は全然再開局する気はなかったが、なんとなく直しておこうと思いネットで調べたら個人でやっている修理先があったので、そこに送って基板上のコンデンサーを全て取り替えてもらったのである。いくらかかったか忘れてしまったが、結構な費用をかけた記憶がある。なぜお金をかけてまで、その時修理したのかも良く覚えていないが、恐らく感傷的な理由と、ものを捨てられない昭和の人間の特徴が出たのだと思う。
先日物置から掘り出してきてこれも30年ぶりに使用しているキーボードはやはり古くてもいいものはいいと思わせてくれたが、無線機は技術の進歩による世の中の変化で完全に時代遅れになっていたようだ。

 

〇最初に戻って
そもそも、30年前になぜアマチュア無線を始めたのか?その理由は大学生になって車に乗ったりスキーをするとき、無線機で連絡を取れると便利だしかっこいい(?)と思ったからである。正確に言うと、そう友人にすすめられ「おまえもとったら?」といわれたからだったと思う。しかし、いざ免許を取って開局申請したものの「一度も」知らない人と交信したことがなかった。
その当時は九州は長崎に在住であり(今回の豪雨被害はテレビで見ていても心が痛みます)無線局も沢山あったので、電源を入れれば交信がいつでも可能だったと思う。だが、他人が交信しているのをちょっと聞くことはあっても、自分から電波を出して誰かと話したことはない。それなのになぜ30年の時を経て今更アマチュア無線に興味がわいたのか?

 

〇記憶の片隅
よくよく思い出してみると、大学生の時に免許を取ったが、実はもっと昔、小学生の頃にアマチュア無線の免許を取ろうと思ったことがあった。ネットで私と似たような人が同じような事を書いているのをどこかで読んだが、昔の雑誌の広告に「ハムになろう!」と言ううたい文句のページがあったのを覚えておられる方もおられるかも知れない。あの広告は通信教育のもので、私は親にせがんで申し込んだのである。はっきりとは覚えていないが結構な値段がしたと思う。申し込んでもらって、毎日教材が届くのを楽しみに待っていた。やがて分厚い茶封筒に入った(?)青いビニールのファイルに挟まった教材が届いた。今でも、小学何年生が三級免許取得などとネットでは(ごく一部で)話題になっているようだが、当時から小学生でも免許取れると言うのもまたうたい文句であった。私もてっきり出来ると思って申し込んだのだが、教材の内容に全く興味が持てず、ほとんど勉強した記憶がない。親にも後々嫌みを言われ続けたが、大学生になってやっと免許を取ったのでなんとか帳消しにして貰えたと思っている。

images.app.goo.gl

〇RADIO GAGA!
しかしその小学生の時、自分はなぜ「ハムになろう!」と思ったのだろうか。今となってはこの世にいないガラスの十代の自分が何を考えていたのかは完全に記憶の彼方だ。五十路になった自分が、おぼろげながら残っているそれを察するに、その広告に書かれていた「無線機で遠い国の人と交信」してみたいと思ったからではないか。それから考えると、最初に買ったリグ、144/430MHzのハンディ機はその目的には適していなかった。私が原初に憧れたハムの光景は、据え置き機の前に座ってマイクを持ってスピーカーから出てくる音を聞いている姿なのである。ようやくここで目指すべきところが見えたような気がした。

 

 

〇HF通信→アンテナ
そのために必要なのはHF帯で運用できる無線機(とアンテナ)だと言うことを30年たってやっとわかった。そして遠く(地球の裏側)と交信するためには出力も大きい方が有利だろう。ようやく三級を取る意味にも結びついた気がする。それと同時に今はインターネットやデジタル通信も取り込んで新しいものが出てきているようだ。
しかしここで大きな問題にぶつかってしまった。先ほども書いたように無線機とアンテナはセットだ。ハンディ機を使っているときは本体から生えてるアンテナ以外使ったことがなかったが、HF帯は7MHz帯でも10mも必要になるのである。世の中にはHF帯用のモービルホイップアンテナもあるようだが、それすら今のアパートのベランダには取り付けられそうもない。アパートやマンションでやっているハムのことを、アパマンハムと言うらしいが、そのための本も出ている様なので、それらを見て研究していきたい。

 

 

 

〇JARD講習会
冒頭に「試験を受ける」と書いたが、実際はJARDと言う団体が行っている講習会&試験で受ける予定である。これだと四級を持っている人は一日講習と試験を受けて合格すれば三級を取得することが出来るようだ。YouTubeで「アマチュア無線59」というチャンネルの鈴木さんが、一日講習に集中して受ければ受かりますとおっしゃっているので、それを信じて受けてみようと思う。まずは三級の免許をとって、HF通信の出来る無線機を買って、更にアンテナをどうやって立てるかを考えたいと思う。

www.jard.or.jp

「ハンガーゲーム」を観た

f:id:tokiwa-heizo:20200614234557j:image
〇今更ですが
2013年ぐらいに制作されて大ヒット、その後2、3と制作されていずれも大ヒットした作品である。なぜ今頃になって観たのか?一つ目の理由はこの本である。

工学的ストーリー創作入門 売れる物語を書くために必要な6つの要素

 

工学的ストーリー創作入門

工学的ストーリー創作入門

 

 


物理学的ストーリー創作入門 売れる物語に働く6 つの力

 

 

この本の推奨する物語の作り方には、6つのコア要素(ここら辺はその前の本「工学的ストーリー創作入門 売れる物語を書くために必要な6つの要素」に詳しく書かれている)があって、その中の一つの「構成」と言う要素をこのストーリー(この本では小説版を題材にしている)は大変正しく実現していることがベストセラーになって映画化までされた理由であると書いてあった。
またしても物語の書き方本を読んだわけだが、今回はそちらの話は割愛する。別の機会にしっかりと書きたいと考えている。結論から言うと、今回の二冊(実は更にもう一冊「物語を書く人のための推敲入門」という本があって、それを最初に手に取って読み始めたら、先述の6つのコア要素に関する記述があり、なんのこっちゃ?と思って巻末の解説を読むと実はこの本の前に同じ著者が書いている本が2冊ある事がわかったので、それを読んだというのが顛末である。なおさらにもう一冊続巻が出る予定だそうである)を読んで、素晴らしく役に立った。その事はいずれ別の機会に書くとして、改めて「ハンガーゲーム(映画)」について述べる。

 

ハンガーゲーム (字幕版)

ハンガーゲーム (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

〇J・ローありき?
この映画の主演女優は言わずと知れたジェニファー・ローレンスだ。私は最初に観たときは真っ青な色をしていて、何にでも変身できる超能力者の役だった(X-MENですな)が、この映画では初っぱなから大変抑圧された世界で健気に生きる少女という感じだった。実は役としてはカットニスは16歳だが、この時J・ローは既に21歳だったので、ちょっと育ちすぎの感もある。しかし、この映画やはり主演女優にこの人を持ってきたことも、大ヒットした理由だと思う。
東京アラートも解除されて、外に出る機会が増えてきて思うことだが、街角を行き交う若い女性の肌の色にドキドキと言うか、ギクッとするというか、何かこういちいち目に刺さるのである。恋愛ゲームや少年漫画なら幼なじみに高校生ぐらいになって再会し「こいつ、こんなに可愛いかったっけ……?」とフラグが立ってしまう様な感じである。
その理由は恐らく簡単で、みんなコロナ自粛で家に籠もっていたため、日に焼けていないのだろう。季節の変化に同期しておらず、肌がなまめかしく白いのである。いわば全員が深窓の令嬢のような状態なのだと思う。
この映画の中のジェニファー・ローレンスも最初は野山を駆けまわって弓矢で獣を狩って食料を集めるようなことをしているため、日に焼けて薄汚れているのだが、ハンガーゲームに代表として「選ばれて」キャピタルに着いてからは、専用のスタイリストなどに磨き上げられ、美しく、たくましい女性に変身する。
得意技は故郷でも鍛えてきた弓矢なので、劇中も弓を構えるシーンが出てくるが、その際に弓を引き絞ったときツルが唇に触れてわずかに歪むのだが、その絵にドキドキと言うかガーン!というか引きつけられるのである。(……私だけ?)

 

X-MEN:ファースト・ジェネレーション (字幕版)

X-MEN:ファースト・ジェネレーション (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

〇バトルロワイヤルもの
日本でかつて「バトルロワイヤル」という小説があり、もともと何かの賞への応募作だったと思うが、審査員のだれかがあまりの不道徳な内容に怒ったと言う曰く付きの作品で、賞こそ取らなかったがその後出版され、映画化され続編も作られている。その映画の中にも弓矢を武器とする少女がいた。演じていたのは栗山千明である。その後、クエンティン・タランティーノ監督の「キル・ビル」ではセーラー服を着ながら凶悪な顔をしてトゲの着いた鉄球を鎖分銅にして、ユマ・サーマンと渡り合うと言う役をやっていた。
しかし、映画「バトルロワイヤル」での栗山千明は、同じクラスの男子に思いを寄せる一途な少女の役であり、その弓(弓道部という設定!)の技をそのために使う。その姿は今回の「ハンガーゲーム」でジェニファー・ローレンス演じるところのカットニス・エヴァディーンとも通じる部分がある気がする。

 

バトル・ロワイアル

バトル・ロワイアル

  • 発売日: 2015/08/01
  • メディア: Prime Video
 

 

バトル・ロワイアル 上  幻冬舎文庫 た 18-1

バトル・ロワイアル 上 幻冬舎文庫 た 18-1

 

 

 

バトル・ロワイアル 下   幻冬舎文庫 た 18-2

バトル・ロワイアル 下 幻冬舎文庫 た 18-2

 

 

 

〇bellum omnium contra omnes
今は、参加者全員で殺し合って、最後の一人になれば勝ちというゲームがいろいろある。私がかつて紹介した「PUBG」や「FORTNITE」「APEX」「CoD」までもが参入しているようだ。コロナ自粛が始まる前に入ったゲームセンターで「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズを題材にしたアーケードゲームがあったので試しにプレーしてみたが、何とこれもバトルロワイヤル形式のゲームだったのには驚いた。
これらのゲームをやっている人間にはこの映画に出てくる24人のような悲壮感は微塵もない。それはもちろんビデオゲームなんだから当たり前だが、この「自分以外みんな敵」という設定というか前提がこのコロナ時代を先取りしており実に興味深い。電車に乗っていると、乗客全員がお互いを疑わしそうに振る舞っているのが感じられるが、まさに「自分以外みんなコロナ感染者」と見なしているような状況である。
「ハンガーゲーム」の世界の設定も貧富の差が完全なる格差社会、管理する側とされる側に分かれた、管理支配される側に取ってみれば暗黒の世界だ。しかも、その中で更に貧しいもの同士が殺し合いをして、それが金持ち管理者側の娯楽になっているという狂った状況が物語の前提である。しかしそれも物語の中の世界だけではなくなってきている。
コロナ禍の世界、現在の世界においても、その貧富の差というものが命の差になっているという現実がある。アメリカでは黒人が白人の二倍多く死んでいるとのことだし、ブラジルでは、ファベーラという貧民街で感染が爆発的に増えており、治療も受けられずに死んでいるらしい。

 

tokiwa-heizo.hatenablog.com

 

Avalon
先週一週間会社の仕事で横浜の倉庫まで毎朝井の頭線東横線の電車を乗り継いで通った。その際、ヘッドホンで聴いていたのは映画「Avalon」のサントラである。川井憲次先生の曲は疲れた身体を癒やしてくれる。しかもこのコロナ禍のもとで先ほども書いたように電車の中も戦場のような殺伐とした空間である。そんななかでこのサントラを聴くと、映画の主人公”アッシュ”が路面電車で毎日オンラインゲーム「Avalon」をするために通う時の心情が察せられて大変心に滲みた。帰りの電車で夕暮れ時の武蔵小杉当たりのビル街の空疎な感じはまるで画像処理ソフト「Domino」でアフターエフェクトをかけたかのようにざらついた感触を感じることが出来た。
映画「Avalon」では「クリアできそうでクリアできないゲーム」と称された「現実」を生きる我々は正に今「ハンガーゲーム」のプレイヤーになりつつあるのかも知れない。

 

アヴァロン

アヴァロン

  • 発売日: 2016/08/19
  • メディア: Prime Video