常盤平蔵のつぶやき

ものづくりからもの書きへの転身を目指す文章修行のブログです。

「AI vs.教科書が読めない子供たち」を読んだ

f:id:tokiwa-heizo:20180612231518j:image

この本を読む前に将棋ソフト「ポナンザ」が人間に勝つまでの話を書いた本を読んだ。

 

 


この本で、AIだとか機械学習とかについてある程度勉強してAIがこれからどんどん賢くなったら、人間を超えていき、世界を変えて、スカイネットとかスペリオールドミナントなんていう時代が来たりするのでは無いかとぼんやり思っていたのだが、今回の本を読んで、それは全く見当違いと言うことがわかった。それがわかったことは良かったのだが、別の意味でこの本は衝撃的な内容であった。

 

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

 

 これからの子供たちが大人になったときの仕事が大変だ

この本は二部構成になっており、前半は著者が率いていたプロジェクトで「東ロボくん」というAIにいろいろと知恵を施して東大入試を受けさせる内容であり、AIが何が出来て、何が出来ないかを明らかにする内容である。結果として「東ロボくん」は東大に受かるだけの実力を備えることは出来なかったが、そのことをふまえてその「出来ないAI」でもこのレベルのことは出来る(むしろ得意)ということから、今後10年でAIに奪われる職業、残る職業というものを考察すると同時に、今の子供たちに読解力がないという事実をスタンダードリーディングテストを通じて明らかにする。やばいよ〜やばいよ〜、今の子供たち、AIに仕事とられるよ〜!という話なのである。

 

読解力がない!

このテストが私にはかなりショックであった。出来ないのである。文章を書くことを得意と思っていた私としては、読むこと、書いてある文章を読みとることはそれなりに自信を持っていた。しかし、次から次へと間違うのである。文章が読めていないのだ。論理的にかかれている文章から、きちんと事実を読みとることが出来ない。中学、高校のレベルの教科書の文章である。当然その道を通ってきた訳だが、どうして学校の成績が悪かったか理解できた気がする。まとまった量の試験結果を統計処理した結果を見てさらに落ち込んだ。どんな文章でも、正解率8割以上というグループがいるのである。それが所謂旧帝大に入学した学生だった。つまり、そのレベルの人間は、教科書の文章を一回でも読めばその内容がきちんと頭にはいるのである。特別試験勉強をする必要もないのだ。

 

秀才の正体

私が中学生の頃にもクラスに一人か二人はそういう奴がいた。試験前に一切勉強しないにも関わらず、100点とかそれに近い点数をとるのである。確かにそういう生徒たちはその後、東大、京大、阪大という旧帝大に入ったと風の噂で聞いた。友達としてもそんなに面白い奴では無かったが(向こうもそう思っていたのだろう)何にしても優秀であった。そいつらは読解力が人よりも優れていたのだった。

 

読解力を上げなければ!
この本の中では、読解力は年をとっても伸びると書いてある。実は私にとってはそれがさらにショックであった。先程も述べたように中学、高校とまさに読解力がなかったせいで、学校の成績はずーっと低空飛行をしていた。しかし、曲がりなりにも大学に入り、自分としても難しい本も読んで、難しい話をするようになり、それなりに読解力も上がったと信じていた。しかし、この本の中にある例題を解いて、ページをめくるたびに間違いまくる。読解力ぜんぜん上がってないじゃん!ということなのである。

こんな読解力でシナリオライターなんかになれるのか?たしかにシナリオライターはAIに奪われない仕事かもしれないが、そもそもなれなければ奪われるも何もあったもんではない。読解力をあげなければと真剣に思ったのであった。
ただ、読解力はあくまで文字を読んで文章の意味を正確にとる能力だ。映像から意味を読みとる能力とは異なると思いたい。そうでないとこのブログで映画評論なんてとてもかけないと言うことになってしまいそうだから。

 

教科書を悪文にしているもの

さらにその後考えたのだが、そもそも教科書の文章に問題があるのでは無いか?この本の中にも、スタンダードリーディングテストに間違ったことを「教科書の悪文ぶり」に関するクレームとして著者に訴えてくる人が少なからずいたと書いてある。しかし、悪文かどうかはともかく、その教科書で現に教育現場で子供たちは日々勉強している現実を考えると、それを読み解く力、読解力が必要なのは間違いない。それは私もそう思う。だが、その先にはその悪文を良文に直す努力もするべきでは無いのか?

教科書というのは教科書検定を合格したものだけが出版されているわけだから、その検定が、教科書の文章をかなり歪ませているのではないだろうか?いわゆる新しい日本の歴史教科書を作る会みたいに、自虐史観を変えたいとか、政治的な思惑をなんとか潜ませようとする人間の意図を読み取り、それをニュートラライズさせるために更におかしな文章になっているのではないだろうか?それが教科書の文章を悪文にしている理由なのではないだろうか。

 

わかったつもり?読解力がつかない本当の原因? (光文社新書)

わかったつもり?読解力がつかない本当の原因? (光文社新書)