読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常盤平蔵のつぶやき

ものづくりからもの書きへの転身を目指す文章修行のブログです。

杖道について

f:id:tokiwa-heizo:20160803080205j:image

6年前から杖道の稽古をしている。

杖の道とかいて杖道。知らない人には何のことかさっぱりだと思うので、今回はしっかり説明したいと思う。なぜしっかり説明するかというと、今後もこのトピックに関しては書き続けていこうと思っているからだ。しかし、いざ説明するとなると何から始めたら良いのか非常に迷う。

にもかかわらず、なぜ説明しようとするのか?

それにははっきり理由がある。杖道を少しでも広めたいと切に願っているからである。

なぜ広めたいのか?

もちろん杖道が素晴らしいものだからである。

先日読んだ内田樹と光岡英稔の共著である「生存教室」(下記参照)で内田樹先生は「人類70億人全てが合気道家になればいいと思っている」と書かれていたが、私も人類70億人全てとは言わないが、杖道人口がもっともっと増えてくれても構わないと切に思っている。

生存教室 ディストピアを生き抜くために (集英社新書)

生存教室 ディストピアを生き抜くために (集英社新書)

 

 この本のおかげで読むことになった漫画「暗殺教室」は意外(と言っては失礼だが)に面白かったが、その件は今回は触れないことにする。

 

まず、杖道とは何かについて説明する。

杖道とは武道の一種である。世の中には空手や柔道、剣道と言ったいわゆる武道といわれるものが沢山あるが、その中で武器術となると、剣道が最もメジャーで、その次が居合道だろう。その次となるともう思い浮かばないという方がほとんどだと思う。私も恥ずかしながら上記2つ以外に武器術を挙げろと言われても以前は何も浮かばなかった。

 

今なら手裏剣とか鎖がま、吹き矢とか色々あげることができる。しかしそれらは武道としては成立していない。道場を構えている方がおられるのは知っていますが、あくまで武術と武道は別物であり、武道としての武器術ではないだろう。

武術と武道の違いに関しても説明した方がいいだろう。しかし、これにも共通の見解はないと思われる。誤解を恐れずに私のこれまで見聞きしてきた中で得た情報を元にざっくり言うと「術」は術技そのものを覚えることが目的だが、「道」術技を通して精神的に向上(何を持って向上というかは大変難しいが)することを目指しているものだというところだろうか。

 

杖道の成り立ち(それ自体が非常に面白いドラマである)は下記の本に詳しく書かれている。それ以上のことを私が説明することは不可能なのでここでは細かいことには触れないが、一点だけ書いておきたいことがある。 

杖道入門―全日本剣道連盟杖道写真解説書

杖道入門―全日本剣道連盟杖道写真解説書

  • 作者: 松井健二,米野光太郎
  • 出版社/メーカー: 体育とスポーツ出版社
  • 発売日: 2011/05
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 まず、柔道は嘉納治五郎がいくつかの流派の柔術を習った上で、それらの技を統合したうえで、ほぼ別のものに作り替えたものである。※1

※1このあたり間違ったことを書くといろいろ問題がありそうなのでWikiのリンクを張っておく。

柔道 - Wikipedia

次に剣道は元々北辰一刀流の千葉道場で行われていた竹刀稽古から派生しているが、そのルールは戦後のGHQによる武道禁止令を経た後竹刀競技として復活した時点でのものになっていると考えられる。※2

※2このあたり間違ったことを書くといろいろ問題がありそうなのでWikiのリンクを張っておく。

剣道 - Wikipedia

さらに居合道は・・・えーと、※3

※3このあたり間違ったことを書くといろいろ問題がありそうなのでWikiのリンクを張っておく。

居合道 - Wikipedia

杖道はその元になっている武術として「神道夢想流杖術」というものがある。※4

※4このあたり間違ったことを書くといろいろ問題がありそうなのでWikiのリンクを張っておく。

杖道 - Wikipedia

ここまでは同じなのだが、杖道に限って違うと思われることが一つある。それは、まさに「杖道」は「神道夢想流杖術だけをベースに、そこから危険性を排除した型を作りあげたという点が異なる。

 

言いたいことの前置きが長くなったので、いったい何を言いたいのか全然伝わらない気がするが、とにかく「神道夢想流杖術杖道」と言うことなのだ。

つまり何が言いたいかというと、杖道をやる以上はいずれ杖術をやらなければならないときが来ると言うことである。

この件についてはまたいずれ続きを書きたいと思う。