読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常盤平蔵のつぶやき

ものづくりからもの書きへの転身を目指す文章修行のブログです。

シナリオ教室に行ってきました(第三回)

もの書き修行 雑記 シナリオセンター
先週土曜日(2月20日)もシナリオ教室に行ってきました。
講義の内容はここには書けませんが、大変ためになる内容でした。
ついに自己紹介もあって、どんな人がシナリオを習いに来ているのかわかったのはなかなか興味深かったです。みんな若いです。いいな〜将来性があって。
まあ、嘆いていても始まりませんのでわたしも淡々と勉強を続けます。
 
今週出た宿題は
 
「イライラしている人」(本文4枚)
・本文中ずーっとイライラを続けること。怒りを爆発させたりして解消してはいけない。
 
とりあえずぱっと思いつく「イライラしている人」の案を書いてみます。
 
・トイレに行きたい人
いろいろなシチュエーションがありますが、いずれにせよトイレネタはあまり美しくないので、かなりの必然性がないと使いにくいですね。
 
・おなかが減っている人
これもどんな状況でおなかが減っているかによってもイライラが変わってきそうです。
戦場で塹壕の中で敵襲に備えて待機しているなんかの状況だと、おなかが減っていることもイライラの原因ですが、敵襲がいつ来るかもイライラの原因になりそうです。
 
・張り込みしている刑事
これも張り込み中は神経を張り詰めていると思われるので、もちろんちょっとした変化にイライラを募らせるということがあるでしょう。ベテランと新人の組み合わせにして、新人がイライラして先走ろうとするのをベテランが押さえる・・・という感じだと長引かせることが出来るかもしれません。
 
・渋滞してる道路で車を運転している人
渋滞中はイライラしますよね。しかしこれも車内を楽しく過ごす工夫があれば運転手以外はそんなにイライラはしないかもしれません。家族連れなんかで子供が、トイレだとか酔ったとか言い出すと親はイライラするでしょうね。
 
・花粉症の人
これは本当にイライラします。わたしの経験からですが、初めて花粉症になったときは、目玉を取り出して洗いたいとか、鼻を取り替えて欲しいとか本当に思いました。あんまりひどいとイライラを通り越して絶望的な気分になったりするので注意が必要です。
 
いっそのことこれらすべてを複合して「トイレに行きたいのを我慢している人とおなかが減ってる人が乗っている車を運転している花粉症の張り込み中の刑事」というのもアリかもしれません。あまり乗り合わせたくない状況ですが・・・
 
張り込みというか刑事物、バディものでわたしの好きな作品に「48時間」というのが有りますが、全編エディ・マーフィーが大活躍なので、あえてこのシーンというのはピックアップしません。エディ・マーフィーは同じく刑事物の「ビバリーヒルズ・コップ」で「排気管にバナナはダメだ!」というセリフがあるのですが、個人的に相当ツボにはまりました。吹き替えだと面白さが伝わりませんので是非とも本の音声で聞いて下さい。あのシーンは何度観ても笑えます。映画としては断然48時間の方が面白いので、そちらを貼っておきます。 そういえば共演のニック・ノルティは相当イライラしてたな。
48時間 [DVD]

48時間 [DVD]